【閲覧注意】海中から巨大な毛虫が釣り上げられた!

アトラスでも何度か取り上げているが、釣り人が奇妙なものを釣り上げてしまい、これまでに見たこともない生物なので、すわ未確認生物発見か、と話題になるケースが度々ある。

先日、アメリカはテキサス州の港町コーパス・クリスティのポート・イザベル沖にて奇妙な生物が釣り上げられた。

その生物がこちらである。

関連動画
Bearded fireworm shocks Texas angler: Fishing trip turns up venomous sea creature




巨大な赤と白のイモムシのような生物が桟橋の上でのたうっている。体の両側面には長い大きな棘のようなものが生えており、生物が体をくねらせるにしたがって閉じたり広がったりを繰り返す。大きさは数十センチほどにすぎないようだが、棘のせいでもっと大きな生物のようにも見える。

釣り上げた女性は「初めはイカが釣れたと思った。引き上げると褐色の何かが見えたので海藻かと思ったのだが、姿を現したのが特大のミミズのような生物で驚いた」と語っている。

果たしてこの生物の正体は何なのか。多くの人が様々な予想を述べていたが、動画を見た専門家が「ファイアワーム(bearded fireworm)と呼ばれるウミケムシの一種」であると断言した。




ウミケムシは日本近海でも目撃される多毛類で、名前の通り毛虫のような外見をしている。毒蛾の幼虫である毛虫のように、ウミケムシにも毒があるのでうかつに触ってはいけないなど、注意が必要な生物だという。

なお、今回発見されたウミケムシはサンゴ礁など暖かい海で見かけることの多いもので、テキサス州の海で発見されるのは非常に珍しいとのことである。もしかすると温暖化の結果、テキサスの海の温度が上昇して、暖かい地域に生息する生物が進出してきていたのかもしれない。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る