岩木山の天狗似たものの正体は…

投稿 匿名希望

昨年の5月、アカシアの花のおひたしを食べたときの出来事です。

口に入れた瞬間、体中の細胞が目覚めていくような、なんとも言いがたい感覚を体験しました。その一日だけの感覚でしたが、アカシアの木を道端で見かける度に「この木は凄い木なんだな···」と尊敬にも似た気持ちを抱くようになりました。




月が変わり、6月になり、山を御神体とする神社の参拝後にキャンプ場まで登り、山の写真を1枚撮って家に帰りました。

写真を見てみると、誰も人が写っていない山の写真の中央に、何か違和感を感じたので写真を拡大してみました。

すると、写真を撮る私のほうに、今にでも駆け出してきそうな笑顔いっぱいの白い姿形の存在に気付きました。




実はその正体は、山の登山道入口に、白い花を一斉に咲かせていたアカシアの木々が偶然に作った自然な姿なのでした。
(3、4年前に同じ神社に行き、撮影した写真に、鳥居の右側上に天狗の横顔の雲がありました。一緒にお便りに添付します)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る