イギリスにビッグフットがいる!?新たな獣人型UMAか

ビッグフットといえば、北米大陸の森林や山地に出現する獣人型UMAだが、なんとイギリスでも同様の獣人が目撃されている!?という報告が上がってきて話題になっている。

研究者デボラ・ハツウェルによれば、近年イギリスのコーンウォールの田舎から高速道路のA15まで広範囲にわたって目撃証言のマップが作成できたという。




イギリスは、ヒマラヤや北米に比べて国土も森林面積も狭く、イエティやサスカッチのような獣人型UMAが密かに生息するのは難しいとして、生息の可能性は低いと考えられてきた。

しかし、英国のビッグフット研究者であるデボラ・ハッツウェル氏によれば、コーンウォールからハイランドまで数十年にわたり詳細な目撃証言が多数報告されており、地図に丹念にマッピングしてみると単なる見間違いともいえない状況になっているという。

同様の証言をまとめる人は一般人からも出てきており、大マンチェスタ州ワースリー出身のデビー氏のように、一般の人々が異常な目撃を報告するための安全なサイトを作っている人も存在している。




デボラ・ハッツウェル氏によれば、獣人型UMAの報告はスコットランド、ウェールズ、アイルランド、イギリスおよびスウェーデン、フランス、ドイツ、オランダ、バルト諸国を含む多くのヨーロッパ諸国から収集されているという。

未だに我々に知られていない未確認生物が、欧州の森の中に生息しているのかもしれない。

関連動画
Is This a Photo of a UK Bigfoot?

(加藤史紀 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Animal Planet YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る