古代の埋葬の証拠か 完全なネアンデルタール人の骨格が発掘

先日、古生物学者はここ10年で最も重要な意味を持つであろうネアンデルタール人が発見されたことを明らかにした。

問題のネアンデルタール人の骨はイラクのシャニダール洞窟内で発見され、ほぼ全身の骨が「関節が確認できる」と言われるほど完全な状態だったという。

シャニダール洞窟はネアンデルタール人の骨が多く発見されている考古学的に重要な場所であり、1950年代から1960年代にはここから10体分の骨が発掘されている。

関連動画
The mystery of Neanderthal death rites




今回発見されたネアンデルタール人の骨は花粉の塊と共に発見されたため、ネアンデルタール人が花と共に死者を埋葬した可能性があると結論づけられている。

これは70,000年前に遡る比較的新しいネアンデルタール人の遺骨でも同様のケースが確認されているという。




「ネアンデルタール人が死者をどのように扱ったかに関する多くの研究については、考古学的な技術が今より制限されていた60~100年前の発見についても振り返って現代の技術で分析する必要があります。ネアンデルタール人の埋葬の作法が私たち現生人類のものと類似しているか研究することは、彼らが我々とどう繋がっているか知ることに繋がるでしょう」と研究に当たった学者は語っている。

(田中尚 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Cambridge University YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る