肉弾作戦自慢「出世には不可欠」…女優Dよ、業界はそんなに甘くない

少し前までプライムタイムで放送されていた人気ドラマに出演していた女優D。

2~3年前までは全く目立たない大部屋女優のひとりという扱いであったが、業界内では今後はこの作品をきっかけに国民的人気女優に成長する可能性が高いと噂されている。

怖いもの知らずのお馬鹿タレントが恐れる鬼マネ




それもそのはず、この作品の中でDは金と自分の欲望には手段を選ばない成り上がりの悪女を演じていたが、実は私生活の彼女自身もこの役さながらの人生を送っているというのだ。

彼女と同じ事務所に所属する女優やテレビ局スタッフなどが証言しているのが以下のような話である。

それは、Dが初出演したドラマ、初めて主役に次ぐ大きな役を演じたドラマ、そして初めてメインキャストに名を連ねることができた映画など、重要な局面で監督やプロデューサーなどに『ガチンコ突撃』接待をすることで仕事をゲット出来たと、まるで武勇伝でも語るかのように自ら喧伝しているという。

なんでも、また最近になってあの芸能プロの大物が後ろ盾になったようで・・・ますます進境著しい女優である。




この女優の根性は腐りきっている…

ただし、頭の中が常人よりすこぶる軽めにできているDは、悪気もなく度々酒の席上でこれらのことを恥も外聞もなく吹聴することから、聞きたくもないのに聞かされる周りのギャラリーはたいへん当惑しているらしい。

仮に色香を駆使した特攻隊作戦で業界の有力者を篭絡してそれなりのポジションを得ようが、演技の力量が伴わなけば、ファンや視聴者に見抜かれるだけである。そして、もしそうなれば、Dも芸能界の泡となって消えるのみ。

今後はDの真の実力に注目である。

(隼 英人 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Gabriel Doti PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る