【強運持続中】ゴチ!千鳥ノブ、ラブラブパワーで累計300万円ゲット

2020年2月13日放送のバラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系列)で、またも千鳥・ノブが神がかり的な奇跡を起した。

これまでATLASでは「グルメチキンレース・ゴチになります!」内で、千鳥・ノブの強運伝説を紹介してきた。それは、ノブが番組内で「妻の話」をするときに限って、ピタリ賞(100万円進呈)や1位通過など、強運伝説を呼ぶことから、「ノブの奥さん=幸運の女神」状態だと言われていた。そして、今回の放送でもその伝説を再度実証することになったようだ。

千鳥ノブ、「幸運の女神」は身内だった




今回の食のテーマは「最新エクササイズで体を動かして温まろうゴチ」で、設定金額は一人あたり1万5000円。フランス料理という一品の値段をなかなか察知しずらい、困難なテーマだったがノブおよび本田翼は二人揃ってズバリ1万5千円分を食べ、「ピタリ賞」を獲得した。

なお、番組出演者が二人そろってのW受賞は番組史上初めてであることも驚きだが、それ以上にノブがピタリ賞を3回も当てたことには奇跡としかいいようがない。

千鳥ノブ、超能力者か?




今回もノブがピタリ賞を獲得できた理由というが、本人いわく、今回の放送日に関係があったらしいのだ。それは、この回が放送された翌日、2月14日のバレンタインデーがノブ夫妻の結婚記念日ということで、いつもより「濃厚なキス」をしてきたからだという。

つまり、バレンタインが結婚記念日という影響、さらには妻との濃厚なキスの効果により、今回の幸運を呼んだそうだ……が、それに加えて、ノブによるあまりの勘の良さにはゴチメンバー全員が驚いていたようだ。

何はともあれ、ノブ夫妻のラブラブパワーによる神通力、恐るべしである。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©Tiny Tribes PIXABAY


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る