【伝説化】『異種族レビュアーズ』地上波放送中止!原因はBPO激怒?

2020年2月7日、TOKYOMXほかで放送されているTVアニメ『異種族レビュアーズ』が編成の都合により放送中止になることが発表された。

『異種族レビュアーズ』は漫画家の「天原(あまばら)」が描いた同名の漫画を原作にしたアニメである。今年1月11日からTOKYOMX、KBS京都、サンテレビほかBS11で、現在までに4話が放送されていた。

『しくじり先生』放送中止回




この知らせが視聴者迄に届いた当初、『慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』『アズールレーン』が以前に制作スケジュール調整の不備から放送を休止していたこともあり、また同じことが起きたのかと思われたようだ。

しかし、『異種族レビュアーズ』は上記の2作品とは置かれた状況がやや違ったようだ。

それは、『異種族レビュアーズ』の場合は製作スケジュールなどの問題ではなく、どうやら番組におけるその過激な内容が問題視されたようなのだ。

『異種族レビュアーズ』はレビュアーと呼ばれる主人公たちが、人間や妖怪、妖精、獣人や怪物が働く風俗店に潜入。店で受けたサービスをレビューしていくというストーリーで、原作ではかなり際どいシーンも存在する。

高校マーチングバンド部ドラマ、いまだ放送未定!

一応、アニメ化にあたり「風俗」という言葉を使わないという配慮や、アダルトなシーンにはモザイクを付けるといった工夫がされていた。しかし、やはり地上波で放送するには過激すぎたのか、またはBPOや学校関係者からのクレームがあったのだろうか、TOKYOMXでは4話をもって打ち切りとなったようだ。

別の見方をすれば、「伝説」を作ったアニメと言えなくもないが、是非とも諸々の問題をクリアして地上波での放送再開を期待したい。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『TVアニメ「 異種族レビュアーズ 」OPテーマ「 イこうぜ☆パラダイス 」/EDテーマ「 ハナビラ音頭 」

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る