更なる巨大地震が起きる前兆だ!?トルコで地震の後、血の池地獄が…

1月24日、トルコにてマグニチュード6.8の地震が発生。その後、地面のひび割れからまるで血のような赤い液体が溢れ出てきて話題になっている。

地面がまるで血の海になってしまったのはトルコ東部エラジグ県のシヴリツェ地区付近である。この地域も地震の影響を受けており、マグニチュード5.4から3.3の地震が確認されたという。

The water turned red after the earthquake in Turkey.




果たして、この赤い液体は何なのか。

地震の前兆現象であり、更に大きな地震が来るのではないか、という噂が出ているが、「水道管の漏れを検出するために流された染料である可能性」も噂されている。

しかし、漏れの確認の際には明るい緑色または黄色の、無害な染料が使用されるとのことなので、この可能性は否定されている。




専門家からは、断定はできないが「地震で水源地近くの赤い粘土層が崩れて水に混ざったのに加え、食肉処理場の配管が壊れたためにこのような色の水が溢れでたのではないか」との意見が寄せられている。

なお、トルコには「地面の下には巨大な獣が眠っている」という伝説があり、まさしくその伝説の獣の血が出たのではないか…などという話や、「トルコの地下にはワインの湖がある」などという話も(勿論ネタとして)出てきていたそうだ。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Trend Video YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る