岡山で現代妖怪『アリクイ女』に出会った

投稿 コロルさん

1992年(平成2年)頃、岡山県岡山市での、大学時代の同級生におきた出来事です。

その同級生の高校時代です。学校が終わったある日のこと、放課後に友達と遊び、日も暗くなって来たので、家に帰ろうと自転車で走り出しました。




友達たちと別れて、ひとりになりました。自分の家までは山越えしなくちゃないので、山道を登っていました。

すると、自分と同じ方向に、前を女の人が歩いているのが見えました。ところが、その道というのが、日中でも殆ど人通りがなく、通るのは自分くらいの山道だったために、見知らぬ人が歩いていること自体とてもビックリしたといいます。

やがて、その山の坂道を登りきると、今度は下り道になりました。同級生はその時に前を歩いていた女の人にようやく、追い付きました。

その時です・・・女の人が自分の方を向いたのです。

自分をジッと見てきたので、目と目がバッチリ合いました。




その女の人というと、顔がアリクイそっくりにびろ~んと上下に伸びていて、さらには舌も長~く伸びて、口の中から出ていました。そうです。身体は人間なのに、顔だけが、アリクイそのまんまなのです。

同級生は恐怖で固まりながら、そのまま、自転車を全速力で漕いで追い越しました。しかし、追い越した後に振り返ってみても、アリクイ女は追いかけて来なかったそうです。

その後、アリクイ女に遭遇することは一度も無かったといいます。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Ingrid und Stefan Melichar PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る