「神様の化身」?インドにて人面の山羊が生まれる

インドにて、まるで人間のような顔のヤギが生まれ、「神様の化身」として話題になっている。

今月、インドのラジャスタン州ジャイプール郊外のニモディア村で生まれたもので、黒い仔山羊なのだが平らな顔につぶらな目をしており、まるで子供の顔がついているように見えるものとなっている。

現地の人々は人間のような顔で生まれたということで、「神の化身」だとして仔山羊を大切にし、可愛がっているという。




このヤギは飼い主が写真や動画を撮影してSNS上に上げたために広く注目されることとなった。

Mutant goat born with ‘human’ face being worshipped like a god (Video) Any Time News

専門家は、「シクロピア」という先天性欠損症を持って生まれた個体であると推測している。顔の対称性を作り出す遺伝子に異常が生じたために奇形として生まれてしまったもので、顔以外の箇所にも悪影響が出ているはずであると考えられている。




実際、動画ではヤギがつまずきながら歩いていたりする様子が捉えられているため、奇形生物の常としてあまり長生き出来ない個体であるようだ。

インドでは、動物が「神の化身」として現れるという話が多く、人々も信仰対象とする傾向にある。このヤギが可愛がられ、平和に過ごしていければと多くの人が見守っている。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Any Time YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る