UFOに乗っているのは未来の地球人?米大学教授が驚きの仮説

「UFO」という用語が生み出されて以来、人々は地球外知的生命体が我々の地球を訪問しているのではないかと考え、空を見上げてきた。

しかし、モンタナ工科大学の生物学人類学教授Michael Masters氏は自身の著作「Identified Flying Objects:A Multidisciplinary Scientific Approach to UFO Phenomenon」にて興味深い仮説を立てている。

彼によると、UFOを操縦し我々の前に現れているのは、未来の我々ではないかというのだ。




もしそう遠くない未来、タイムトリップが可能になるとしたなら、我々はすでに未来から訪問してきた人物に出会っていなくてはおかしいのではないか、と長い間議論の対象になってきた。

これについて、Masters氏は多くの人々が経験しているUFO目撃事例やエイリアンによるアブダクションに注目。アブダクション体験で目撃したエイリアンこそが、未来の人間の姿であり時間旅行者であったのかもしれないとする仮説を出したのだ。

「私たちはこの惑星で長い進化の過程を遂げてきたこと、そして私たちの技術は将来さらに進化することを知っています。未来の人類は自分たちの過去についてもっと学ぶために、私たちが今いる時間を訪れているのかもしれない」と彼は主張している。

例えば、絶滅した動物を研究する場合、可能ならばその生物が生きている状態を確認できれば一番良い。一見エイリアンによる不気味な拉致事件かもしれないアブダクション・ケースは、単に未来人が現代の人間を研究しているだけかもしれないというのだ。




また、場合によっては未来の人々が休日に過去の地球を訪れている、一種の観光産業である可能性も考えられるという。

「もし過去に戻ることができたならば、自分の好きな時代へ行って観察する機会を得るために、多額のお金を払う人々が出てくることだろう」と彼は語る。

残念なことに、この仮説が正しいかどうかを教えてくれるエイリアン=未来人が実際、周りにいないということだが、もしかすると近い将来、タイムトリップが可能になったときに証明されるのかもしれない。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Michal Jarmoluk PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る