現役スーパースターA、女に飽きたから男?そしたら次は何ですか…

1970年代から90年代にかけて、一世を風靡した男性アイドルAのことは誰でも知っているはずだ。今も現役で歌って踊り、映画やテレビドラマにも出演するあの人のことである。

ステージ上では3周以上も干支の離れた年下パフォーマーたちより全然キレキレのダンスを披露するなど、精力的に活動しているAである。

許せない…根性が腐りきったあの女優




人気絶頂期でのAといえば、絶大な名声があったことは現在での活躍からも伺い知れるはずである。また、当時はその超イケメンの容姿から業界の女性たちから大モテ、多くの女性芸能人や夜な夜な銀座のホステスさん達とも浮名を流したことはよく知られた事実だ。

ところが、実のところAは芸能界デビュー以前に男性から愛の手ほどきも受けていることから、同性とも床入れが可能であったことはあまり知られていまい。

あの名女優が壊れた…

そして、この博愛的な…というか、気まぐれな性癖から、女遊びに飽きたAは時折、男性の肌が恋しくなる体質になってしまったという。しかし、人気者ゆえ、当時の新宿2丁目や上野、浅草のゲイタウンで一般メンズをお持ち帰りすることなど出来るはずもない。

結局、Aのプレイ対象となったのは、若手の担当男子マネージャーだった。特に地方でのツアーとなると、マネージャーは毎晩のようにAのお相手を半ば強制されたという。

ある名優の密かなお楽しみとは




当初は「これも仕事のうちだ」と若きマネージャーは必死に耐えた。が、ある日のこと、これ以上の我慢が出来なくなり、ついにAから逃亡して東海地方にある小さな町でひっそりと暮らすようになった。

なお、元マネージャーは現在全く芸能界とは全く関係のない仕事をやっている。ただし、たまに重い物を抱えたり、カラオケで絶唱するなど力が入るたびにお尻が緩んでしまうらしい。そして、その都度自分の意思とは関係なく、忌まわしい過去を自動的に思い出してしまうという。

(馬鹿拓郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©engin akyur PIXABAY


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る