またしてもISSカメラに映った驚愕の画像…エイリアンの頭部だった!?

アトラスでは、これまでにも国際宇宙ステーション(ISS)のカメラが捉えていた奇妙なUFOらしき物体について報告している。

その大半は機械的な謎の物体が写っているというもの(中には明確にデブリではないかと思われるものもある)なのだが、今回はまるで生体のようにも見えるものが写り込んでいるということで注目を集めている。

ブラックナイトか?UFO巨大ベースか?またISSが奇妙な物体を撮影した!




問題の画像がこちらである。地球の軌道を周回する国際宇宙ステーションから地球を臨む連続写真のうちの一枚なのだが、地球から奇妙な黒い物体が宇宙に向けて伸びてきているように見える。

しかもその形状は黒い蛇が鎌首をもたげているようなもので、既存の機械などとは一線を画する形状となっている。映画に登場したエイリアンの頭部のようとも言えるだろうか。

UFO Leaving Earths Atmosphere Near Shuttle, UFO Sighting News.

果たして、この物体は何なのか。

この物体を発見した海外のUFO研究家であるスコット・ワーリング氏は、地球の軌道に存在する巨大な未確認飛行物体である「ブラックナイト」ではないかとしつつ、連続写真のうちこの物体が写っていた画像の前後を確認しても同様の物体が確認できなかった事を上げている。




スペースデブリにしろ、UFOにしろ、これだけ大きく奇妙な形状の物体が一瞬で姿を現したというのは興味深いことといえる。

この物体が写り込んでいる画像はNASAのアーカイブに掲載されているので、気になる人は自分の目で確認してみてはいかがだろうか。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©NASA


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る