フロリダの民家裏庭に巨大な翼竜が飛来!?

アトラスでも何度か紹介しているが、アメリカでは翼竜のような奇妙な生物の目撃証言が報告される事がままある。

先日もフロリダ在住の女性が、家族とともに翼竜と思われる大きな「鳥」を見たと証言して注目を集めている。

目撃したのは今月の初めということだから、まさに新年早々と言えるだろう。彼女の家はフロリダ州オレンジ郡アポプカの町にあるそうなのだが、その日裏庭に正体不明の生き物が姿を現したのだそうだ。




その生物はどこからか舞い降りてきたのか、大きな翼を閉じて地面に立っていたのだという。肩幅も大きく、歩み出ると共に前のほうに突き出る奇妙な動きを見せていたそうだ。

目撃者の女性は彼女の母と叔母と共にこの生物を目撃したそうだが、生物も遠巻きに見ている彼女らに気づき、物陰に入って逃げてしまったという。

果たして、この生物は何だったのだろうか。北米大陸にはネイティブアメリカンの神話にも登場する巨大な鳥「サンダーバード」の目撃例もあるが、今回の生物は大きな翼竜に姿が酷似していたという。だとすると、伝説のサンダーバードの正体は巨大な翼竜の生き残りだったという事になるのだろうか。




一方、目撃者の家があるフロリダ州はペリカンの生息地でもある。ペリカンと翼竜はくちばしや顔の形状が似ていないとも言えないので、病気で羽が抜けてしまったペリカンを誤認したという可能性も捨てきれない。しかし「肩が大きい」という証言と外見的特徴が合わないし、ペリカンであったならば羽毛のある翼が確認できたはずである。

果たして目撃者家族が見た生物が何だったのか、正体が判明する日は来るのだろうか。

Real Pterosaur spotted over Idaho, USA?

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Rumble Viral YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る