進次郎の育休は不倫バッシングからの逃避という政治都市伝説拡散中!

世の中不倫報道花盛りである。アトラスでも報じたように木下優樹菜の不倫疑惑などが有名である。

そして、ついに2019年末には小泉進次郎環境大臣の不倫騒動が巻き起こった。きっかけは「週刊文春」の報道であり、実業家として名前が売れている既婚女性との密会が報道された。

ユッキーナ、「たかし」って誰だ?




自民党の若大将に突如巻き起こったこのスキャンダルに世界中の耳目が集まっている。

この不倫相手の女性は、雑誌などで敏腕経営者として紹介される存在であるが、彼女の本業への嫌がらせメールや電話も殺到しており、女性への過剰なバッシングもネットに広がってしまい、ツイッターやコラムの更新も一切止まっている。

あの超有名ハリウッド俳優、不倫の子が大学卒業した




年明け話題になったのが、この不倫騒動渦中に進次郎が取得した育児休暇である。

表面的には男性が育休を取るという習慣を世間に広めるためだと言われているが、実はこのスキャンダル報道から逃げるための休暇ではないかという声も上がっている。

果たして真相はどうであろうか?

(小山田まゆみ ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『小泉進次郎 日本の未来をつくる言葉 (扶桑社新書)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る