鬼マネに睨まれた不遜なお馬鹿タレントA…芸能界強制終了間近?

理解力の乏しい、すなわち「ちょっとアタマの足りない」芸能人は少なくない。

アトラスでは過去に、漢字が全く読めない女優に関して報じたが、今回紹介する女性タレントAのケースはもっと残念なようである。

たまに依頼されるドラマや映画の仕事では、記憶力の著しい欠如のために台本の全くセリフが覚えられず、Aの出番シーンで現場が完全ストップ。その度に台本から大幅にセリフを削除して、その場をかろうじて乗り切ったという。

「オレは大物」タカビーなイケメンタレントは勘違い野郎




その後、Aには演技をするような仕事が殆ど依頼されなくなったことは当然の成り行きだろう。

Aは今でもバラエティ番組には出演する。ところが、ここでも彼女の脳みそは使いモノにならないようで、例えばちょっとしたコントのオチなどはまったく理解出来ないことから、番組の面白みを完全破壊する始末である。

遂に、最近ではひな壇にただ座って出演することが多くなってきたというA、芸能生活にいよいよ陰りが…。

根性が腐りきった女優にドラマスタッフ大激怒

そんな不吉な末路を歩みつつあるAにとって最悪だった事件が、ホラードラマの撮影時に起こったようだ。久しぶりのドラマ出演は起死回生のチャンスであったにもかかわらず、あまりにうすらバカなAは、ドラマの最も肝心なオチをまったく理解出来ず、某人気脚本家と現場監督を大いに困惑させたという。

話のオチをAに必死に説明する脚本家の姿に、現場は興ざめムードがじりじりと蔓延。ところが、当のAときたら、呑気にもその空気さえも読むことが出来ない。しかも、あろうことか、なんと突如大笑いし始めたのである。この状況を察することの出来ないAに対して、他の出演者たちは凍り付く始末。

……次の瞬間だった。変身後の不動明のような形相をした、担当マネージャーがAの立ち位置までスゴイ勢いで走り寄った。そして周りには聞こえないように何やら謎の一言を彼女の耳元で囁いた。

国民的芸人、裏の顔は汚過ぎた




すると、今まで屈託のない満面のスマイルだったAの顔色が見る見るうちに真っ青に激変。なお、その後はなんお支障なくドラマ撮影は無事終了した。

業界ではいろいろと怖い噂が絶えない鬼マネージャーだけに、Aに対していったい何を伝えたのか、現場は不可解なムードに包まれたことは言うまでもない。しかも、アタマが常人の30%以下も機能していないAにも十分に理解できる、なにか身の毛もよだつことではなかったのか…。それは、この業界からの引導なのか、それとももっと恐ろしい勧告だったのか…現場スタッフたちは空想するだけで、背筋に寒いものを感じたという。

テレビ番組スタッフ≦おバカタレント≦激コワ鬼マネージャー……芸能界とは実に楽しいワンダーワールドである。

(松田ゲン ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©JL G PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る