異界と現世が交差する、関東のミステリースポット「魔の交差点」No.81~90

茨の怪(いばらのみち)

№81高野のお化け石(茨城県守谷市)

守谷七不思議のひとつで、公民館広場に祀られている不動明王石碑に死者の顔が次々と浮かび上がってくると云われ、不届き者には祟りがあるとの逸話もある。


№82 交差点角の墓場(某所)

№83 電話BOXと祠(某所)

№84 小便地蔵(常総市)

小便をかけると下の病気にご利益があると云われる。小便地蔵とスクールゾーン。

老若男女が小便をかけて歩いたと云われる。

現在、地蔵は祠で大切に保管されている。

お分かり頂けるだろうか?地蔵の正面にある石碑が臭気を漂わせている。




№85 累ヶ淵(常総市)

祟りを起こす累(るい・後にかさね)の怨霊と供養を巡った、実話に基づくとされる怪談の舞台になった鬼怒川の沿岸地域。累を弔った墓がある法蔵寺。法蔵寺裏側の河川沿岸部が累ヶ淵である。


累ヶ淵交差点

滝沢馬琴による新累解脱物語

  
(国会図書館デジタルコレクション)

86 女化稲荷神社(龍ヶ崎市)


狐の恩返し伝説

長い参道

№87 蛇沼公園(龍ヶ崎市)




№88 得月院(牛久市)

河童の絵で知られる小川芋銭画伯が眠る寺院

境内奥交差点

№89 河童の小径(牛久市)

河童の碑

 

河童碑道交差点

№90 大聖寺(土浦市)

土浦大師不動明王や龍伝説などで有名。(注:開門7:30~閉門18:00)

周辺は複雑なので正門が分からずに迷ってしまう参拝者が後を絶たない。

簡単には見つからないと思われる道祖神の祠

参考:国会図書館デジタルコレクション・案内板・ウィキペディア 

★悪魔の交差点(日本版)では、噂がある交差点や道路、橋などの情報を募集しております。情報をお寄せ頂く際には前世滝沢馬琴のメールアドレス [email protected] までご連絡下さい。
皆さまからの情報や感想などを心よりお待ちしております。

また、当シリーズは交通安全がコンセプトなので、掲載されている場所を訪れる際は危険防止に努め、迷惑行為などのないよう自己責任において行動して下さい。(当方、一切の責任を負うことは出来ません)

(前世滝沢馬琴 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る