壁に浮かび上がる黒いシミ

投稿 元葬儀屋さん

これは私の妻が学生だった時の体験です。

妻の友人の父親が自殺してしまい、暫く友人の家に遊びに遊びに行くこともありませんでした。しかし、友人もようやく混乱の時期を乗り越え、やっとその友人宅を訊ねてみる事になりました。

友人の家族の居る居間へ入るのは久しぶりの事でしたが、友人の家族がやさしく迎えてくれました。前と変わらぬ馴染みのある部屋を見まわすと、部屋の壁にふと違和感を感じたらしいのです。

以前にこの部屋に入った時には無かった黒いシミが壁にあり、その黒いシミをまじまじと見ているとなにか人の形みたいに見えてくるのです。

友人が壁を凝視している私に気が付くと、話しを始めました。

その黒いシミは父が亡くなった直後にできたもので、最初は小さなシミだったのですが、シミの大きさは次第に大きく広がり、ある時にそのシミの形が亡くなった父に似ていると家族で言い始まったのだそうです。

最初の頃は、そのシミの形というのが亡くなった父の横顔に似ていましたが、現在ではおなかの出た父の上半身そのものを思わせる形にまで大きくなっていったのだそうです。

私の妻はそのあまりにも現実離れした話に鳥肌がたちましたが、亡くなった父の形のシミについて談笑する友人にも、この状況は笑って済まされるものなのかと疑問を感じて苦笑いだったそうです。その後に妻は友人宅を訪問する事はなく、その壁のシミが今どうなっているのか知る由はありませんでしたが、時を経てその不思議な出来事を思い出すといいます。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PublicDomainPictures PIXABAY





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る