【現場大騒動】ドラマスタッフ激怒…この女優は性根が腐りきっている

アトラスでは、ワガママ放題でスタッフや事務所の人間を困らせた結果、落ち目になった俳優、女優たちのエピソードを過去にいろいろと紹介している。

人気凋落となった後、これはマズいと気付いてテレビ局制作部やプロデューサーなど関係者へと挨拶回りを行っているが、今更遅いとばかりに相手にされない女優や、鬱になってしまった子役などエゴな俳優たちの末路は哀れな場合が多い。

名女優が壊れた!誰と話しているのか…

ベテラン女優Bは、日本を代表するA級アクトレスといっても、決して大げさな表現ではない。とりわけ、50代から70代の男性には圧倒的な支持される、昭和から平成の時代を席巻した『元祖イイ女』である。




さて、この女優Bだが、実は子役が大の苦手というか、子供が大嫌いなのである。当然、ドラマなどでは子役たちとは過去には、何百回も共演しているはずだが、その度にワザといじわるを仕掛けるというのだ。

また、そのやり口というのが実に陰険かつ狡猾だという。

国民的芸人、その裏の顔は酷かった

ある時は、健気な子役が一生懸命に憶えたセリフをB相手に一生懸命しゃべっていても、Bは黙ったまま子役の顔をジッと見つめ続けるという。すると、不安になった子役は、当然、自分に何か落ち度があったのではないかと思い始め、しまいにはベソをかきだす。すると性悪Bは笑いながら、「このコ、ダメね」と言い放つと、撮影を中断してタバコ休憩をとるというのだ。

また、ある時には台本には書いていない理解不能なアドリブを入れて、子役をパニックに落とし入れ、泣かせるまで執拗にイビリ倒すという。

大物女優だけに、この言動に対しても現場スタッフも見て見ぬふり。しかし、彼らも多くは人の親、こんな気分の悪い現場を直視して内心穏やかではない。さらに彼らが困ることは子役が泣くたびに撮影がストップしてしまい、スケジュールが大幅に遅延することに閉口している。

あの邪悪タレント、遂に業界追放か?

このような話を聞くだけで悍(おぞ)ましい。これは一種のパワハラ、さらにいうと未成年者虐待だろう。




Bの勝手な主張としては、単に子役を役者として鍛えていると嘯(うそぶ)いているという。しかし、こんなことが、果たして本当に先輩俳優からの芸能界に於ける洗礼というのか、かわいがりなのだろうか。いや、どう考えてもB個人の単なる弱い者いじめであろう。それとも、腹黒なBが単に個人的なストレス解消のためのレクレーションなのだろうか……。

最近ではたまにテレビのバラエティー番組でしか見かけなくなったBだが、このことはこれまでの悪行が祟って、よほどドラマのスタッフたちに嫌わているからに違いない。もしかして、今年あたりは芸能界そのものからフェードアウトしていく可能性は大である。

(松田ゲン ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

イメージ画像©Gisela Merkuur PIXABAY


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る