【放送事故】新年早々、あの人気者が裏被り出演!?

2020年1月6日放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系列)および『はじめてのおつかい』(日本テレビ系列)で放送事故があったのでは、と話題になっている。

この日、『ネプリーグ』はスペシャル編成で、ラグビー日本代表の稲垣啓太選手、田中史朗選手、福岡堅樹選手、山中亮平選手がチャレンジャーとして出演。

W杯日本勝利の瞬間、天気予報が消えた




2019年、ワールドカップで大活躍だったラグビー日本代表だが、昨年秋以降は多くのメディアから主演依頼が殺到しているらしく、当然2020年の正月番組などのバラエティ番組へのオファーも絶えないようである。さて、そんな人気者過ぎの故なのか、こんな弊害も報告されていた。

同時間帯に放送されていた、恒例の人気特別番組『はじめてのおつかい』において、なんと田中選手が「裏被り出演」していたのである。

この日の『はじめてのおつかい』では、田中選手の息子である真央くんがおつかいに挑戦していたのだが、VTRには堂々と田中選手の姿が……。

大人にとっても「はじめてのおつかい」は初々しい?




ネットでは「田中選手、裏被りだけど大丈夫なの?」「両方のチャンネルに田中選手が出ている!」と大騒ぎになったのだ。

もっとも、田中選手は芸能人ではなくスポーツ選手のため、業界で言うところの「裏被り」状態は問題視されないのかもしれないが、新年早々からラグビー日本代表選手たちの「超人気ぶり」を改めて証明することになったようだ。

MATT、裏被りした!?

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『負けるぐらいなら、嫌われる~ラグビー日本代表、小さきサムライの覚悟


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る