【神戸】蛇の祟り、蛇の供養墓、蛇の祠

投稿 匿名希望さん

こんばんは。いつも楽しくYouTubeを拝聴させて頂いています。

お狐様の件についての体験、とても感慨深く拝聴しました。霊的にはヘビも色々と障りがあるそうですね。そこで今回は、ヘビに関してお話しさせて頂きたいと思いメールしました。




私は神戸市西区在住の某と申します。

嫁いでからお盆お彼岸とお墓参りをしていた折から、主人の実家の燐家F家のお墓にヘビの頭の墓碑があるので気になっていました。なぜヘビの墓碑があるのか、そのいわれを聞いたところ、家の建て替えの際、家人か職人かは定かではないのですが、ヘビを殺してしまったという事でした。

その後、後継ぎが死に絶えるという事が続いた為、供養したという事です。しかし、その後も後継ぎの男児は生まれず、養子をとって家系を守ってきたという事でした

実際、三代怨みは続くということば通りなのか、三代後ようやく男子が誕生して今に至ります。

ヘビの障りは色々あるようですね。これは実際に起こった事です。




主人の祖父の時代から、近所の沼にゴミをほかしていたそうです。ある時からゴミをほかしにいこうとすると、エンジンが止まったり脱輪したりと沼に行けなくなる事が続いたそうです。

いつもゴミをほかしていた数件の人達(我が家も含む)は、ヘビの怒りをかったとのでは?と反省し、ヘビの怒りを収める為、お詫びの印に祠を建て、毎月神事をしていました。

たまに祠を見ると、ヘビがとぐろを巻き、祠に鎮座していたそうで、主人は見るたびにゾッとしたと言っていました。昨年の秋、代替わり等、様々な事情で、祠を閉じました。

古い家では、ヘビを祀っている家も少なくないそうです。ヘビは非常に執念深いといいますね。祀っている方のお話もまたいつか聞きたいです。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Antonios Ntoumas PIXABAY


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る