不気味なクリスマスプレゼント?靴下に人骨が入っていた!

先月の12月は大人も子供も待ち望むクリスマスシーズンだった。ベッドの側に靴下を下げておくとサンタクロースがプレゼントを中に入れてくれる、ということで子供の頃に靴下を枕元に用意した記憶がある人も多いのではないだろうか。

だが一昨年のクリスマスの数日前、イギリスで靴下に関係した不気味な事件が起きていた。

イギリスのとある洋服店、Primarkのコルチェスター支店で販売されていた靴下の中に、どういうわけか人間の指の骨が入っていたことが発覚したのだ。

【イギリス衝撃事件】買ったばかりの靴下の中に入っていたのは…人の骨!?




すぐさま現地の警察が通報を受けて捜査を開始したものの、詳細は解らなかった。一応、骨は最近殺された(または解体された)人のものではないらしいことが明らかになったものの、人骨がどうやって靴下の中に入ってしまったのかは説明がつかなかった。

それから1年以上が経とうとしているが、証拠が少ないこともあって捜査は行き詰まりになっており、この骨の謎は未解決事件となる可能性が非常に高いとみられている。

問題の靴下と同じを製造販売しているPrimarkの広報担当によれば、「2019年1月にこれらの靴下が作られた工場で調査を実施しましたが、そこで何らかの事故や事件があったという証拠は見つかりませんでした。靴下が店頭に並ぶまでの課程に問題がないということは、この人骨が何らかの理由で故意に靴下に入れられた可能性が非常に高いとみて間違いないでしょう」と語っている。




また現地のエセックス警察は「可能な限り問題を調査し、合理的な判断の結果現時点では人骨か何らかの犯罪に関連しているわけではない」と述べ、さらに追加で情報が寄せられたりしない限り、人骨がどこから来たかは完全に謎となる可能性が高い、と証言している。

不気味な靴下の謎が解明する日は来るのだろうか。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©congerdesign PIXABAY


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る