子年はここにお参りに行こう!子(ネズミ)に関係の深い神社

2020年、令和になって初の正月は子年である。子年は干支の先頭の年であり、またネズミが子沢山なことから子孫繁栄等に縁起が良い年とされてきた。

正月の初詣も、どうせなら干支に縁のある神社にお参りしたいものである。そこで今回は子年ことネズミに縁のある神社を紹介していきたい。




まずは境内にそのものずばりネズミがいる神社だ。ネズミといっても生きているネズミのことではない。狛犬ならぬ狛ねずみがいる所だ。狛ねずみのいる神社は例えば京都の大豊神社や大阪の大国主神社の敷津松之宮などが該当する。敷津松之宮は神社の名前でも解るとおり、大国主命を祀った神社である。

大国主命は記紀神話に登場する、国津神の代表となる神だ。彼は神話で素戔嗚尊の娘である須勢理毘売命(すせりびめのみこと)を妻として娶る際に様々な試練を乗り越えることとなるのだが、この時にネズミに助けられて難を逃れるという流れが出てくる。




また、神仏習合がなされたときに大国主命は七福神の大黒天と同一とされるようにもなった。これらの点から、大国主命を主祭神とするなど、大国主命にまつわる神社にはネズミを瑞獣や眷属としている神社が多い。

例えば、神奈川から静岡東部にかけて各地に存在する「子之神社」もまた、多くが「大国主命」を祀った神社だ。規模としては小さな神社であることが多いようだが、子年にはふさわしい神社であるともいえる。

もし自分の家の近くにあったならば、今年の開運を願ってお詣りしてみてはいかがだろうか。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Free-Photos PIXABAY


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る