【都市伝説】新戦隊ヒーロー「あの」数字のジンクス、まだ続行中!?

2019年12月26日、来年3月8日からスタートするスーパー戦隊シリーズ第44弾のタイトルが『魔進戦隊キラメイジャー』(テレビ朝日系列)であることが発表された。

『キラメイジャー』のテーマは「宝石」で、美しい宝石「キラメイストーン」が意志を持つ乗り物・魔進(マシン)に変形して、キラメイジャーとタッグを組み、地球を救っていくというストーリーになっている。




さて、数ある「スーパー戦隊シリーズ」だが、以前からATLASで紹介している通り、ある数字の「法則性」が再び取り沙汰されている。

【都市伝説】新戦隊『リュウソウジャー』で数字の法則性を再確認した!?

それは、2016年の『動物戦隊ジュウオウジャー』以降、なんとヒーローの名前に隠された数字が年々若くなる、カウントダウンが始まっているというものである。

2016年 動物戦隊ジュウオウジャー(数字の10) 
2017年 宇宙戦隊キュウレンジャー(数字の9) 
2018年 快盗戦隊ルンレンジャーVS警察戦隊トレンジャー(数字の8)

野球を武器にした戦隊ヒーローがいた!

現在放送中の2019年度の『騎士竜戦隊リュウソウジャー』はタイトルに数字こそないが、タイトルロゴに「7」という数字を象った模様があり、まさしく今回もカウントダウンを現していたのだ。

しかし『魔進戦隊キラメイジャー』だが、今回は遂に「6」という、あからさまな数字がどこにも見当たらない……。タイトルにも、そしてタイトルロゴにも、数字の6を見つけることが出来ないのである。

戦隊ヒーロー大事故でキッズがトラウマ




ところがである。実はよく見ると、『キラメイジャー』のタイトルロゴには「六角」の宝石の模様があるほか、宝石が弧を描くような起動が「6」という数字に見えなくもないのだ。

このことからも、ネット上では「やはり着実にカウントダウンは進んでいるようだ」と噂の的になっているという。

カーレンジャーの最終回はなぜお蔵入りに?

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©魔進戦隊キラメイジャー|テレビ朝日 公式ウェブサイトより引用


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る