十六号戦慄 (悪魔の交差点日本版file№24~32)

埼玉県から柏市にかけての国道16号線近郊には強力なスポットが集中しているようである。

№24 春日部八幡神社(埼玉県春日部市)

新田義貞に由縁があるとされているが、諸説あり詳細は不明。境内は広く、さまざまな幽霊の目撃情報が多い。

参道

本殿の正面に堂々と御神木がある景色は壮観である。

深夜の境内




№25 春日部稲荷大明神(八幡神社境内)

京都伏見稲荷大社より勧受し祭祀されたと記される。

№26 古利根きらめき通り橋(埼玉県春日部市)

幽霊の目撃情報が多い。

№27 朝〇病院(事件)跡地(埼玉県某所)

40人以上の患者の不審死が内部告発され、廃止になった精神病院。

現在、施設は解体され敷地内は立ち入り禁止である。

周辺の様子1

周辺の様子2

№28 猛スピードで車を追い抜く自転車の婆さん(千葉県野田市船形、16号線上)

今、自転車で婆さんが車を追い抜いて行った。けれども、速度60キロで車を運転していたので、後から考えてみればあり得ない話だよね・・・という情報が多い。

№29 柳沢歩道橋(千葉県野田市柳沢、16号線上)

幽霊の目撃情報が多い。

№30 赤い車を運転する初老の女(千葉県野田市鶴奉、16号線上)

夜中に友人達を乗せて国道16号線を走行していたときの話です。緩やかな高架道路に差し掛かかると、赤い車がゆっくりと蛇行運転しながら前を走っていました。追い越したくても中々追い越せなかったので、友人たちと赤い車の文句を言いながら仕方なく赤い車の後ろをゆっくりと走行していました。やっと追い越せるタイミングになったので、追い越しをする際にその赤い車の運転席を見てみると、無表情で顔面蒼白の初老の女性が運転をしていました。

明らかに普通の状態ではない様子だったので、助けてあげた方が良いのではないかということになり、後方を走っている赤い車の方を振り向いてみたのですが、赤い車は見えませんでした。Uターンをして引き返せるような道路ではなく、赤い車に追い越されてもいないので、友人たちと何か変だよねと話をしながら、広い道路に出てから車を道脇に停めて赤い車が走ってくるのを待ちました。しかし、赤い車も他の車も全く後ろから走ってこないので、事故でも起きているのではないかと思い、次の信号で折り返して赤い車を探しに行ったのですが、見つけることは出来ませんでした。




№31 堤根清安坊霊場(千葉県野田市堤根)

№32 梅郷さん(千葉県野田市梅郷)

ゴルフ場のコースであるが、深夜は真っ暗で道路は迷路のようになっている。この辺りで何かあると、「梅郷さんの仕業だよ」などと言われる。

梅郷コース交差点

お墓

【あとがき】埼玉県から柏市にかけての国道16号線近郊に、強力なスポットが集中しているのだが理由は分からない。特に北側が幽霊の巣窟になっているようである。国道16号線は、神奈川県横浜市西区が始・終点とされており、首都圏を環状線に結ぶ広範囲に渡る一般国道なので、全体的な見方をするには至っていないが、結界のようなものが関係しているのではないだろうか?

また、幽霊は魂であると考えるのが一般的と思われるが、幽霊と乗り物がセットになっている目撃情報はどう受け止めれば良いのだろうか?自転車や車は魂ではないと思うからである。
※参考:読者さま情報提供・現地案内板・ウィキペディア

心霊スポットとして名高い金野井大橋や呼塚交差点なども国道16号線上にあるので、興味がある方は他の記事を参照して下さい。
〇金野井大橋 → 女が出る    https://mnsatlas.com/?p=53377
〇呼塚交差点 → 気になる交差点 https://mnsatlas.com/?p=53259

★悪魔の交差点(日本版シリーズ)では、噂がある交差点や道路、橋などの情報を募集しております。情報をお寄せ頂く際には前世滝沢馬琴のメールアドレス [email protected] までご連絡下さい。皆さまからの情報や感想などを心よりお待ちしております。 敬具

(前世滝沢馬琴 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 トップ©すしぱく ぱくたそ、 テキスト中©前世滝沢馬琴


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る