ホッキョクグマの体に「T-34」の落書き、真相が明らかになった

世界最大級の肉食動物であり、雪のように白い体が特徴的なホッキョクグマ。その体に大きく落書きがされている!?というニュースがロシアから報じられて話題になっている。

問題のホッキョクグマは世界自然保護基金(WWF)のセルゲイ・カフリイ氏がFacebookで報告したもので、ロシアの東チュクチ自治管区にて現地の住民が目撃して動画を共有していたものだという。

関連動画
Polar bear daubed with graffiti sighted in Russia




カフリイ氏は「このクマが同地域のどの地区で撮影されたものかわからないが、もし、わざと旧ソ連の戦車T-34にちなんだ落書きをしたとしたのなら、歴史を尊重せず、また動物保護の観点から見ても問題のある行動である」と憤慨する。

また、WWFロシアの広報担当を務めるダリア・ブヤノワ氏もBBCの取材に対して落書きは「悪質なジョーク」に見えるとコメントしている。

しかし、相手は野生動物であり、世界最大級の肉食動物である。本当に落書きなどできるのだろうか。北方圏生物問題研究所のアナトリイ・コチネフ氏は、クマに鎮静剤などを撃って動けなくさせるか、おとなしくさせた状態でなければ不可能だと語る。

また、この文字を書いた人物はどういった人物なのか、という謎もある。野生動物を観察する専門家や、ホッキョクグマの害に業を煮やした現地の人の仕業ではないかというような説が飛び出した。




そして、ついに先日、これらの報道をうけて、ロシアのA.N.セヴェルツォフ生態学・進化問題研究所が声明を発表。同研究所の科学者がホッキョクグマの生態と、地元の人々にどれだけ脅威をもたらしているか調査するためにマーキングを行っていたと説明した。

近年、ロシアでは北極圏のノヴァヤゼムリャ列島などでホッキョクグマが人間の住む地域まで近づいてくるケースが報告されており、獣害の報告も上がっている。そのため、ホッキョクグマの行動範囲や生態を調べるためのナンバリングだったというのが真相だったようだ。

ちなみに、クマに用いられた塗料は安全なもので、2週間以内に自然に消えるとのことである。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Guardian News YouTube


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る