吉原の元となった静岡の遊郭、今はどうなっている?  

画像©ウィキペディア 歌川広重筆 『五十三次名所図会 府中、安部河みろく 二丁町』二丁町遊郭の情景

投稿 滋賀県 Tさん

先日お話しされていた吉原の件に関わることです。

江戸に移転する前、吉原は私の実家近く(静岡市葵区駒形5丁目)にありました。ここは、吉原が出来る前は家康が許可したキリシタンの教会があったところです。

弾圧で宣教師がこの地で亡くなったため、売れなかったので遊郭になったそうです。この土地から吉原が移転した後も、風俗のお仕事が多い地域だったようで、80代近い母が言うには昭和20年代までは赤い鳥居が道路に立っていたそうです。

安倍川周辺は、キリシタン弾圧や処刑場だったこともあり、夕方の安倍川は怖いと子ども心に感じていました。

現在は、戦後は慰霊のために安倍川花火大会が行われていますが、きっとキリシタン弾圧された方々もきっと慰められているかな?と思っています。

ここ最近、台風で花火大会が開催されずちょっと気になっていますが・・・。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る