「サンタとコーク」のクリスマス・セーターが即発禁!

アグリー・クリスマス・セーターというのを聞いたことがあるだろうか?

北米で10年くらい前から流行り始めた、ダサい模様のセーターをこの季節にわざと着こなして楽しむトレンドである。クリスマスツリー、雪、トナカイ、サンタなどのキャラクターがこれでもかと編み込まれたような、まさに野暮ったいデザインのセーターが逆にウケて、最新のファッションとなっているのだ。

放送事故、明石家サンタ・ナイトメア




さて、今回はウォルマート・カナダのウェブショップで販売されたアグリー・クリスマス・セーターがあまりに突飛なデザインであることから消費者からクレームが入ったようだ。

なんと、そのデザインというのが、サンタクロースとコーク。




聞いただけでは、「ああ、あの清涼飲料のCMみたいな?」と想像する方も多いだろう。が、どっこい、このコークというのが、コカインのことなのである。セーターは、青い目をカッと見開いて完全にイッているサンタが、机の上にコカインのラインを3本引いて今にも吸引しようとしている、なんとも斬新なものである。

しかし、さすがにジョークとはいえ、一般消費者が見るようなウェブサイトでこれが販売されていたことは少々行き過ぎだったようだ。商品はすぐにサイトから削除される結果となった。

視聴者憤慨!マスオ・サンタが酷い

(ジュリー・楊 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る