【芸能都市伝説】菅田将暉、妖刀の魔力が影響を及ぼす…

2019年12月31日に放送される『第70回 NHK紅白歌合戦』において初出場となるイケメン俳優・歌手の菅田将暉には以下のような都市伝説が存在する。

それは「菅田将暉の実家には『妖刀』が眠っている」というものだ。

菅田将暉、小栗旬が大好き過ぎた

これは菅田自身がパーソナリティを務める「菅田将暉のオールナイトニッポン」で明かされた秘話だが、本人曰く、古い家なので様々な家宝が眠っているというのだ。

ある日、実家にいた菅田は、祖父から「将暉。真面目な話がある」と呼び出さたという。そして、二人きりになると、祖父は押入れから日本刀の入った包を取り出し、それを菅田に見せたという。

auコマーシャルで鬼ちゃん親子からの暗喩

いきなりの日本刀の登場に驚いた菅田だったが、話をよく聞くと先祖は高知県の偉い武士だった人物らしく、この日本刀は代々、菅田家の跡取りが譲り受けてるという。さらに祖父によると、この日本刀を納める木目調の木箱を新調する予定だといい、近日中に将暉が名代として預かることになっているという。

菅田はその日本刀の持つ妖しげな雰囲気から「あれは妖刀か何かだったのではないか」と推察しているという。

菅田が近い将来この妖刀の持ち主になることで、神通力が高まり今後もますますの大活躍が期待できそうである。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『菅田将暉 アニバーサリーブック 限定版 『 誰かと作った何かをきっかけに創ったモノを 見ていた者が繕った何かは いつの日か愛するものが造った何かのようだった。 』


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る