【第二話】身の回りで頻発する怪事、私の家系に何がおきているのか… 

投稿 Tさん

【第一話】から続く それから、親戚の男性方に不幸が続いています。不審死が2件。父の死後、父が所有していた車を引き取った男性が車ごと転落死。別の男性は田んぼのど真ん中で凍死していました。私の家族は父の死後離散しました。兄は別人の様に暴力的になり、母を追い出して今も家に引きこもり、実家を占拠しています。何かがおかしいのです。

この間に3・11を挟んでいるので、私は主人と子どもと九州へ移住しました。遠く離れている分、影響力は弱まっている様に思いますが、実際にはよくわからないのです。

私の主人も2年前に癌を煩い、片方の腎臓を全摘しています。母方の男性は皆早死しました。残っているのは、私の兄と主人という事になります。

『うちに来る怖い気配』は、必ず夜中にゾン!という一瞬で全身に鳥肌の立つ気配を連れてきます。眠っていても直ぐに目が覚めます。特に激しかったのは、東日本大震災の前と熊本地震の前です。(私たち家族は2度被災しています)

このつきまとうアクシデントはいったい何なのか。私は家族を守りきれるのか、不安です。

主人は私と結婚してから交通事故もよく遭います。とどめに癌を煩いました。怖い気配を感じた時は、すかさず弾き飛ばしているのですが、このやり方で良いのか、いつまで続くのか、誰にも相談出来ずに自分の感覚だけを頼りにこれまで生きてきました。

でも、最近は、当たり前の様に見ていた予知夢?の内容を覚えていられなくなっています。自信が無くて、これじゃいけない、と思いつつ、夢が現実になっていく事を怖がってしまうのです。




九州は主人の生家を頼っての移住でしたが、感じるのは故郷の気配ばかりです。九州は何故か繋がりを感じられません。空も山も河も土地も、何かが違うのです。マグニチュードの大きめの地震が起こりそうな気配も、ここではわかりません。聞こえるのは、東日本の地震の気配です。(昨日は東北・北海道の音がしたので、3日以内に少し揺れると思います)

また、九州に移住してから見事に人間関係のご縁が切れて、まるで誰かに意図的に孤立させられている様な状態になっています。岩手から出てはいけない何かがあったのか。引き戻しの力が働いているのか、とさえ思ってしまいます。

他に気になる事があるとすれば、私は小さい頃から電化製品ともの凄く相性が悪いです。すぐに壊れてしまいます。洗濯機、証明、給湯器、車、エレベーター、自動ドア、ドライヤー、不調をおこします。時々火花が飛ぶ程激しくショートする事もあります。

東日本大震災の前ひと月くらいは、冗談の様に次々に家電が壊れていきました。今も、玄関の電気は四六時中ついたり消えたりしています。何度電球を交換しても、こんな状態です。会社で使用していたPCや出力機も、私のデータの処理の時だけ異常な時間がかかったり、謎の不調が起きるので、「またお前か。仕事が増えるからPCに触ってくれるな」と言われた事もあります。(いまだに会社の伝説になっています。笑)

事故、事件に偶然遭遇してしまいます。御巣鷹の飛行機事故、地下鉄サリン、札幌ハイジャック、の時もたまたま近くにいました。交通事故現場にもよく遭います。車が突っ込んで来た事も数回あります。

男性が早死にする母方の実家には、何代か前のお婆ちゃんが伊勢から連れて帰ったお稲荷さんがいます。祖母は信心深い人だったので、ご先祖様もお稲荷さんもとても大切にしていました。この祖母が他界してから、この家系の男子が早死にする様になった気がします。怖い目に遭った父方の実家には、とても古い大きな不動明王が奉られています。場所は岩手県の江刺市。私が落ち武者を見ていた土地です。

これまでは誰にも頼らず自分の勘だけを頼りに生きてきましたが、アトラスラジオに出会ってから「あれ?もしかしてこれまでの事は霊的な事だったのでは?」と思い始めました。でも、素人なので何なのかがよく分かりません。もしも霊的な事を感じられる体質なら、ちゃんと家族を守る方法を学ばないといけない気がしています。

現在は見事に孤立しているので、さてどうしたものか。と立ち止まっています。この勘の操作の仕方はどうして学んでいったら良いのか。家族を守るにはどう練習したら良いのか。無理なお願いとは存じますが、ヒントを頂けると本当に嬉しいです。自分でも色々と意味が分からない事が多いのです。

3・11の直後、大混乱の時です。「はやく、空を見て。降って来る。」と聞こえました。(感じました)空は見た事も無い飛行機雲で埋め尽くされていました。切り刻まれていました。空が変わってしまったと感じました。自然がくれた試練では無い、世界が深く傷つけられたと感じました。

そして原発事故が起き、現実は大きくねじ曲がってしまいました。あの時感じた事はあまりにありすぎて、ここでは書ききれません。熊本地震の時も同様です。

黒い球体が部屋に浮かんでいた事もあります。玄関を出た右脇に黒い弱々しい影がうずくまっていた事もあります。良からぬ感じの物には「帰れ」と切ります。最近はふとした拍子に、ついっと横切る(カラー)の影?小さな生き物?が最近増えた気がします。(現実の生活の中で)悪気のなさそうな影なので放置していますが、あれらが何なのかが分かりません。

自然の多い場所に行くと、無数の小さな光のツブツブが飛んでいるのが見えます。正直、見えているのかわかりません。感じます、と言った方が近い感覚です。

夜に布団に入って目を閉じると、宇宙?を凄い勢いで飛んでいる感覚になります。上と下の狭間を飛んでいる感覚です。小さな光(星?)が凄いスピードで後方に流れていく感覚です。自分に身体はなく、眉間(の感覚?)だけが空間を飛んでいます。

最近はその先に風景が見える様になってきました。何処なのかがわかりません。そのまま夢に入る事もあります。おそらく予知夢になるだろう夢なのですが(予知夢は妙に生々しいです)、日々断片的で内容が覚えきれません。




昨日の夢は、何処かのお寺さんの鐘櫓が出てきました。特徴的な装飾が施してありました。四隅にサイの角の様な出っ張りがあります。寂れた場所です。背面の山の手は墓地で、境界の廊下(道?)があります。そこに向かって直角に入り込む道があり、その場所の説明をされました。

「人が良く通る道には難が溢れている。でももっと気をつけるべきは平行に走る複線の方で、こちらは邪念で溢れているので近づいてはいけない。この道の先に居てはいけない」と言われました。道を通って何かが押し寄せる感じがしました。何の事だかわかりませんが、怖い感覚だったので、この先これに似た場所で事故があるのかもしれません。お墓の形は日本の物だと思いますが、お寺さんの鐘はアジア圏のどこかなのかもしれません。

思いつく事をとりとめもなく書き連ねてしまいました。初めてこの感覚の事をお話しするので、説明が下手です。申し訳ありません。今、この段階でアトラスラジオに出会えた事に何か意味がある気がして。思い切って書いてみました。長なってしまった事をどうかお許し下さい。

それと、最後まで読んで下さって本当にありがとうございました。新しい動画のアップを楽しみにしています。(おわり)

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©adriannesquick PIXABAY


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る