『ノアの方舟』存在の新たな証拠発見した!?

「ノアの方舟伝説」は、聖書に登場する有名な伝説である。

ある日、神に選ばれたノアは、夢で人類を滅ぼす大洪水がやってくるという神のお告げを聞く。ノアは巨大な方船を作り、家族と動物を乗せ、押し寄せた大洪水を乗り切り、人類の始祖になるという壮大な話である。

新約聖書の創世記8章4節によるとトルコのアララト山にノアの方舟は漂着したとされている。これは単なる伝説に過ぎないと言われてきたが、過去には実際にノアの方舟の残骸らしきものが発見されていたりする。

そして先日、トルコの研究者がノアの方舟らしきものが地下に存在するという画像証拠を明らかにした。

ノアの方舟はイランの山に流れ着いていた!?衝撃の発表が・・・




ノアの方舟があるという地形は幾つかあり、トルコ東部テンデュレック山に存在するドゥルピナー遺跡もその候補の一つだ。

この大きな船の形をした地形は1959年に初めて注目され、長年にわたり、実際にノアの箱舟であることを証明しようと考える考古学者らにより、調査研究が数多く行われた場所でもある。

そして現在、長年方舟を追い続けていたCem Sertesen氏が率いるグループが、最新の画像機器で現場の地下にある大きな船らしき3D画像を取得したと発表した。この画像がどのように撮影されたかは明確にされてはいないが、報告によると「ケーブルを介して地下に電気信号を送信する」ことで画像化に成功したという。




「これらはノアの箱舟の実際の画像です。偽物でもシミュレーションでもありません、船全体が地下に埋まっていることを示しています」とSertesen氏は語る。

非常に興味深い発表ではあるが、これらの画像はノアの方舟をめぐるドキュメンタリー作品の中で初めて公開されるため、我々が実際にこれらの画像を確認するにはもう少し待たなければならないという。

果たして今回の発見はノアの方舟にまつわる謎を解明する手助けになるのだろうか。

関連動画
The Real Noah’s Ark May Have Just Been Uncovered and It’s Throwing People off Guard

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Facts Verse YouTube


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る