死後、白い蛇になつた男  

投稿 にうまさん

曾祖父が養子として取ったK婆さんという方の体験だと聞いています。10年以上前だったと思います。K婆さんのお孫さんであるお兄さんが、事故で亡くなられました。

農業用品の運搬の作業員として働いていたそうです。詳細は今はもう定かではありませんが、トラックの扉だったか倉庫の扉だったかに潰され挟まっていた状態で、かなり時間が経ってから職場の人達に発見されたそうです。




アタシも、そのお兄さんと面識は無かったもののうちの家族と葬儀に行きました。お兄さんの家族が棺に寄り添い号泣している様子は今でも覚えています。

【実話怪談】東大の白蛇塚

葬儀が行われる前日か前々日の事、葬儀の準備で多くの人が家に訪れていたそうです。

その只中、K婆さんが用具を取りに庭にある物置へ向かうと、そこに白い蛇が現れたのだそうです。

K婆さんは、孫(お兄さん)が蛇になって出てきたのだと思ったそうですが、蛇の姿では他の人達から怖がられて嫌われてしまうから見せられないという事で、そっと小屋から逃げさせたと言います。




この話を母伝てで初めて聞かされた当時は、「蛇の姿でも現れるもんなんだな」という事と、それも「白かった」という点で印象強く残りました。

「亡くなった人が他の生き物の姿になって現れる」という事がある場合、現れた生き物の姿の種類というのは、何らかの理由があるのでしょうか。なお、その唯一の目撃者であるK婆さんは、今年に入って亡くなられたという事を先日母から聞きました。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©SessaPhotos PIXABAY


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る