夢で長崎の水害を予知した母親

投稿 長崎 jcm2000さん

初めまして、私、長崎在住のjcm2000というものです。最近、アトラスラジオを聞き始めたものです。男性、55歳です。

夢の話を拝聴していて、私も投稿してみようと思い、愚にもつかない体験ですが、書いてみようと思った次第です。お読みいただければ幸いです。

夢というのは、私の母と私自身の話です。母は、幾分か霊感があるようで、たまに不思議なことを言っていました。中でも一番特筆すべき夢としては、昭和57年の7月23日から24日にかけて起きた長崎大水害の予知夢を見たことです。

あれは予知夢だったのでしょうか…(1/3)




水害当日の様子をテレビや私の説明を聞いているうちに、「私、今日のことを一年前に夢に見たよ」というのです。その日、長崎はすさまじい雨で、汚泥や汚物まみれになり、河川では主要な橋をはじめ、小さな鉄橋までもが無残にも流されてしまい、299人という尊い命が奪われてしまいました。

街を走っていた車は、水に流され、河川に落ち、海へ向かってなすすべもなく列をなして流れていきました。あの時に見た黒雲は大きくとぐろを巻き、もし悪魔がいるとしたならば、ちょうどあそこから出てくるのだろうと思いながらその雲を見上げたことを思い出します。

母が言うには、なんで川の中を車が流れているのだろう?なんでこんなに町中が泥だらけなんだろうと思いながら、その夢を見ていたそうです。

他にも母は、近しい知人や親せきが亡くなると、その人の「今際の際」に居合わせる夢を見るのです。後で検証すると、時間もその時の様子もぴたりと一致するそうです。




最後に、私と母が同時に見た夢の話です。

ある日の夕方、私と母はうたたねをしていました。そこで、私は、「そろそろ、マンガ日本昔話が始まるよ」といいますと・・・

「もうそんな時間かな?」と母。
「うん、テレビ、つけようよ」と私。
「そうだね、じゃ、テレビつけるから見においで」と母。

そこで目が覚めました。でも、夢というより、起きていた状態で二人で話したような気がするので、母にそのことを言うと、「私も同じ夢を見たよ」と・・・。

そこでお互いに、夢の会話を検証すると、ものの見事にぴたりと合致したのです。一言一句たがうことなく?そして、2人で、「夢じゃないよねこれって?」「でも二人とも寝てたよね?」・・・。

これが母と私の夢の話です。ありがとうございました。

山口敏太郎様のますますのご活躍をお祈りします。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Eiji Kikuta PIXABAY


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る