年末ジャンボ宝くじ対策、運を発揮する最高のタイミングとは!?

本日令和元年11月20日、令和最初の年末ジャンボ宝くじが発売開始された。

当選金額は前後賞合わせて10億円というにまさに夢の宝くじである。普段は買わない人も年の最後のお楽しみ、周りの人と当った時の豪遊談義などするのに買うのではないだろうか。

宝くじを買うのに演技担ぎで方角、日にち、売り場、ラッキーアイテム選びなど少しでも当りそうになる方法を誰でも試すと思う。ちなみに筆者は広告の通信販売で宝当箱を買った事がある。残念ながら未だに高額当選は無いが、宝くじ専用ケースとして使っている。




ジャンボ宝くじは後日当選番号を決めるので、購入時はどこの売り場、どのくじにもチャンスは平等にある。なので、買う前や買う時に運気を上げては運の無駄遣いになってしまう。

ではどのタイミングで運を発揮すればいいのだろうか?

これはまさに抽選の瞬間になる。ルーレットが回り、矢を発射して確定するまでの絶妙なタイミングで運気を集中するのが良いと思われる。ただし、この瞬間は日本全国の購入者が祈る瞬間でもある。多種多様な捻に打ち勝つためにも、この瞬間まで運を貯めておいた方がいいだろう。

それでは大晦日の抽選日まで何もしない方がいいのだろうか?以前ATLASでは癌を克服した運の良い人に買うのを頼む方法を紹介した。

【関連記事】

宝くじを当てる強運の持ち主を見極める方法がある!?

購入時には大病から復活した人の運に乗っかり、自分の運は抽選の瞬間まで取っておく作戦も考えられる。プラスで数学的に確実に当選確率を上げる方法もある。

【関連記事】

宝くじで1億円が5倍当たりやすくなる買い方がある!




仲間を集めてのグループ買いで、今回は10人集めれば当選確率が10倍にアップする。1等前後賞合わせて10億円なので連番で買えば10人で分けても1人1億円になる。7人しか集まらなかった時は全部バラ番買いで1等7億円を狙う。こちらも確率が7倍にアップしながら1人1億円が期待できる。

他人の運気に乗っかる、数学的に確率を上げる、自分の運は当日まで取っておくの三段作戦で今年最後のチャンスを試してはどうだろうか。これで1か月と少し、楽しみながら年末の忙しい時期を乗り切れる。

当っても外れても10人の宝くじ仲間と1か月のわくわくした楽しい時間、これが真の宝なのでは?と思わずにはいられない。

(文&画像 桜木ヒロキ ミステリーニュースステーションATLAS編集部)


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る