【芸能都市伝説】沢尻エリカ逮捕にはあるジンクスが存在した!

ATLASでも既報の通り、女優・沢尻エリカが11月16日、麻薬取締法違反(合成麻薬所持)の疑いで逮捕された。

既に撮影が10話目まで進んであるという、2020年度の大河ドラマ「麒麟がくる」では沢尻は重要キャラクターである濃姫(帰蝶)を演じていて、初回から出演シーンがあるこの役の場面カットや役者の差し替えは現状では困難であり、NHK局内は現在パニックであることは間違いない。

沢尻逮捕はパッチギの呪いの再発動!?




また他にも沢尻は公開中の映画や多くCMなどにも出演しており、その影響は甚大と思われる。

さて年末も近くになって飛び込んできた今回の沢尻の逮捕劇だが、一部ではある類似性の法則が噂され始めた。

その法則というのは「4月8日のジンクス」と呼ばれているもので、なんと、2019年に芸能界を大きく騒がした芸能人は4月8日の誕生日という共通点があるのだ。

次々と番組がなくなる、徳井のジンクス




ピエール瀧(1967年生)
カラテカ入江慎也(1977年生)
そして今回の沢尻エリカ(1986年)

と実に興味深い結果となっているのだ。

奇しくも、ほぼ10歳ずつほど世代が違う三人だけに、一部では次はどの「4月8日」がトラブルを起こすのかと注目されているという。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る