【都市伝説】沢尻エリカ逮捕!「いだてんの呪い」は終わっていない?

2019年11月16日、組織犯罪対策部は麻薬取締法違反(合成麻薬所持)の疑いで女優の沢尻エリカが逮捕された。

詳細は今のところ明らかにされていないが、沢尻が所持していた違法薬物はMDMAであると伝えられている。

「パッチギの呪い」はある!




沢尻に関して、この逮捕により最も影響があるのは来年2020年1月から放送される、明智光秀を主人公にした大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)であろう。

沢尻はこの『麒麟がくる』において、織田信長の妻である帰蝶(濃姫)という重要なキャラクターを演じるはずだったことから、放送開始まで2か月を切っている現在は相当数のシーンを撮影しているはずである。なお、初回から沢尻の当番組での出演シーンがあるために、さしあたりNHK大河制作スタッフの大混乱は間違いない。

悲劇の「いだてん」




大河ドラマといえば、現在放送中の『いだてん』(12月末終了)も出演者のピエール瀧が今年3月にコカイン所持(使用)で逮捕されて以降、いくつかのシーンが撮り直しになっていた。さらに同番組の最終章に出演中のチュートリアル徳井が所得隠しと申告漏れにより出演シーンを大幅カットして登場することになるなど、混乱が見られていた。

一部では「今も『いだてん』の呪いはそのまま継続しているのか…それとも新たな『パッチギ』の呪いが再発動したのか」と話題になっているようだ。

「パッチギの呪い」が再発動開始

関連動画
俳優の沢尻エリカ容疑者逮捕 麻薬取締法違反の疑い(19/11/16)

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『ヘルタースケルター スペシャル・プライス [DVD]


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る