2分間、同じ場所に浮かび続けたUFO? 

アメリカで、渋滞中に撮影されたというあるUFO動画が注目を集めている。

問題の動画は10月25日に、ノースカロライナ州シェルビーの高速道路のルート74で撮影されたものである。撮影者は渋滞にひっかかっていたのだが、ふと上空に奇妙な物体が浮かんでいるのに気がついた。そこでスマートフォンで撮影してみたという。

関連記事

やはりケムトレイルにはUFOも関与していた! 




問題の物体は、白く発光する円盤状の物体のように見えるものだった。

撮影者は、初めは近隣のシャーロット・ダグラス(国際)空港に着陸する飛行機か、大きいドローンではないかと考えたようだ。だが、その飛行物体が「同じ場所に2分間もとどまり続けた」ために、飛行機などの既知の飛行物体ではないと考えに至ったようである。

「正直なところ、私はこれが何であったか解らないし、ビデオを見せた誰も正体が何なのかは解らないようです」と、撮影者は語っている。

動画を見た視聴者からはUFOの可能性も上げられているが、撮影者からみて奥の方向に遠ざかる形で飛行している飛行機の可能性や、車の窓に何らかの反射光が映り込んだ可能性を上げる人も存在している。




関連動画
Possible UFO sighting in Cleveland County NC 10-25-2019 at 8:00 AM

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る