顔が2つある子猫が生まれた!

アトラスでは過去にも、異形の姿で産まれてしまった奇形生物について取り上げている。

3か月前、アメリカはサンディエゴで奇妙な姿の猫が産まれて注目を集めている。

まずは黒い子猫の顔をよく見てほしい。一見普通の子猫なのだが、顔がなんと二つあるのだ。口と鼻が2つ、顔の中央でつながった目があり、正しく顔が2つあるものとなっている。

関連記事

衝撃!中国で頭の2つある牛が4頭も生まれた!?




普通、このように2体分の特徴を備えている場合は結合胎児の可能性が考えられるが、今回の子猫のケースは子宮内の顔面発達タンパク質の過剰によって引き起こされたもので「ヤヌス」またはジプロソプスと呼ばれる症例とみられている。

しかし、病気による異常な外観のために母猫が出産後に世話を拒否。そのため、サンディエゴの獣医であるラルフトラン博士が飼育している。

この子猫はその顔から「デュオ」と名付けられ可愛がられている。今のところ元気だが、顔が二つあるせいで食事が困難なため、栄養失調に陥る可能性が高く、絶え間ないケアを必要としているとのこと。




「二つの顔は競うように食べるため、ほとんどの食べ物はちょうど真ん中の目と額にぶつかるので、この子猫の額ははげています」とこの猫の様子を伝える公式Facebookに記されている。

しかし、この身体的な問題にもかかわらず、デュオは驚くほど元気がよく、他の子猫と同じように走り回ったりジャンプすることができるという。この状態で生まれたほとんどの猫は通常数日間しか生きられないそうだが、今のところこの子猫は順調に育っているとのことだ。

関連動画
Duo the Kitten With 2 Faces Finds Forever Home With Vet

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Inside Edition YouTube


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る