朝5時に届いた謎の大量迷惑メール 全米を困惑させた現象

先週の木曜日、アメリカで奇妙な事件が起きた。

早朝に大量のテキストメッセージが着信し、しかもその文面の大半が理解できない内容だったというのだ。送り主は友人や家族なのだが、本人たちに確認してみてもそのようなメールは送った覚えがないという。

果たして、何が起きていたのだろうか。




例えばポートランド在住のある女性は、午前5時というかなり早い時間帯に妹からメッセージを受信し、目が覚めたという。メッセージには「OMG(オー・マイ・ゴッドの略)」と書かれており、妹に生まれたばかりの男の子がいたため、急病か何かだろうかと思い電話をかけてみた。

しかし電話は繋がらなかった・・・妹は朝5時にメッセージなど送っておらず、普通に寝ていたからだった。勿論、子供や家族に何か異変が起きたわけでもなかった。

その後、女性が携帯を確認してみると、友人からも奇妙なメッセージが届いていた事を知った。それだけでなく、彼女の友人の中にも彼女が数ヶ月前に作成したメッセージを着信していた人物がいたりしたのだ。




早朝に着信する謎のメッセージ騒動は全米で確認され、ちょっとした騒ぎになった。その後、何らかの要因で携帯電話会社のサーバーに記録され、配信されなかったたはずの過去のメッセージが急に正常に送り届けられていたらしい事が判明した。

しかし、なぜこのようなエラーが起きてしまったのかは不明なままで、アメリカの各携帯電話会社も「サーバーのメンテナンおよびアップデートが原因か」「下請け会社の方で技術的な問題が発生したようだ」と語るにとどまっている。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©200 Degrees PIXABAY


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る