戦闘機パイロット衝撃の告白!「米軍はUFO情報を隠蔽しかけた」

アメリカ政府が秘密裏に調査を行い、ついに未確認の航空現象であると認めるに至った、2004年に空母ニミッツが発見と記録をしたUFO。このUFOについて、関係者から興味深い事実が噴出した。

US Navy Cmdr のデビット・フレイバー氏は、2004年に空母ニミッツから出撃してUFOを追いかけていたパイロットの1人だ。サンディエゴから約100マイル離れた地点での訓練中、空母ニミッツの戦闘機パイロットらは未確認の飛行物体に遭遇、追跡。この時撮影されたUFOの映像は2017年に公開され、世界的に注目を集めることとなる。

関連記事

軍の動きは監視されていた?米海軍が明らかにする「海中に現れた謎の物体」




さて、問題のUFOを現場で捉えた当事者であるパイロットの一人、フレイバー氏は、最近のインタビューでその後に実際に追加のビデオ映像が記録されただけでなく、「消されてしまった?」レーダー追跡情報があることを明らかにしたのだ。

事件の直後、彼はCVIC(Carrier Intelligence Center)に赴いて自分が記録したテープへのアクセスの許可を求めた。所定の手続きを経て入手した後、彼はコピーを作成して空母プリンストンの金庫に保管したのだそうだ。

しかし、後に確認しようとしたところ、コピーデータはすべてなくなってしまっていたという。後に私服の男性が「クリーンアップ」のためデータレコーダーやテープ、文書を押収していたことを思い出したそうだ。

関連動画




つまり、このUFO事件の詳細が外部に出てしまわないように何らかの工作活動が行われていたようだという。

フレイバー氏が持ち出したテープには何が記録されていたのだろうか?我々が知ることができるのは、問題のデータを隠すことを決定したであろう政府や軍の上層部が一般に公開することを決定しない限り、永久にお蔵入りと考えられている。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©CNN YouTube


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る