【放送事故?】NHK老舗番組で奇抜な演出!ええっ、出演者はどこいった…

2019年11月5日、子供向け番組『いないいないばあっ!』(NHK Eテレ)に於いて、実に衝撃なオープニングが放送されたと話題になっているようだ。

『いないいないばあっ!』は番組の幕開けにはいつも、登場キャラクターがどこかに隠れていて、しばらくすると「いない、いない、ばあっ!」の掛け声と共に登場するのがお約束になっている。ところが、この日の『いないいないばあっ!』は冒頭から何かがヘンだったようだ。

ワンワンにあの噂が…




画面はいつまで経っても霧がかかったように白いままで、音もなく1分近くが経過。それからさらにしばらく待っていると、ようやく番組キャラクターのワンワンが、それも息を切らしながら走ってきて「いない、いない、ばあっ!」と叫んだのだ。

あまり詳しい説明はなかったが、どうやらワンワンは霧がかった山の中にいて、姿が見えなかったという設定だったようだ。

NHKのど自慢に優勝の法則あり




しかし、事情を良く呑み込めない子供たちや、またその親たちを中心とした視聴者はこのことが放送事故と思ったようで「今日の『いないいないばあっ!』なにこれ?」「放送事故かと思った」と言った声がネット上では相次いだという。

NHKによる今回の奇想天外な演出は、子供やお母さんたちには受け入れられなかったようである。

NHKチョンボに島根県民大激怒!

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『はじめての しかけえほんプチ いない いない ばあっ! ワンワンと かくれんぼ (はじめてのしかけえほんプチ)


関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る