ホームセンターのマッサージ機に座る老婆の幽霊

投稿 ゆるさん

どうもゆるです。ここ半年くらい幽霊は見てなかったのですが、仕事が一段落として久々の休みで行ったホームセンターでの話です。

これは一昨日、2019年11月3日の出来事です。家族三人と愛犬と一緒にで久しぶりに湾岸地区にある巨大ホームセンターに行きました。ペットコーナーでワンちゃんを見て、私は家族と離れて100m離れている工具コーナーに行くつもりで歩き出したのですが、
急に別に見たい商品もないのに店舗入口の左側コーナーのレジャー、カー用品のコーナーがなぜか妙に気になってしまい、そっちに歩いていました。

そのコーナーの手前になぜかたった1台だけある黒いマッサージ機がありました。誰もいないマッサージ機の横を通りすぎる時、何かを踏んだ感覚があって通り過ぎてすぐハッとして振り返って見ると、90代後半くらいの老婆が座っていて、私は「すいません」と言いました。

関連記事

スーパーですれ違った男から伝わった腹部の痛み




『足を踏んだんだ』と思ってマッサージ機の足元を見ると、足の甲が両足ともありませんでした。私は、その老婆の顔を見て瞬間思ったのです。全く生気がないと・・・。目は虚ろで頬はげっそりと落ちていて顔は薄い灰色です。『この人、生きてない』と直感したのですが、でも実体としては、完全に普通に見えているので、私は混乱してしまいました。

このコーナーには、全く人がいなくて、周りに家族や連れもいないのにどうやってマッサージ機まで来たのかと思いました。もう一度、「すいません」でしたと言ったのですが、その老婆は、ずっと不思議そうな顔で無言でこちらを見ているだけです。全くキョトンとした無表情なので、私はレジャーコーナーに行かずにUターンして工具コーナーへ行きました。




後で私は、その老婆は、生きてないと思いました。霊体は見えないが霊体エネルギーを感知できる霊感のある家内にさっき変な人を見たと言ったら、家内は「その人って老婆のことでしょ?」と先に言われました。

その人というのは、ここ2、3日の間に亡くなった人で、ホームセンターに来た理由は子供や家族づれの元気な声が聞こえるからと言っていました。知り合いで、霊が普通に見えている友人が言ってましたが、霊感がないと思っている人は、霊を見ても亡くなった人と気づいてないだけの場合は多いと言ってました。

普通、人通りの多い街中で死んだ人が歩いていても誰も気づいてないという話を急に思い出しました。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Pete Linforth PIXABAY


関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る