【放送事故】話題の新作アニメ放送遅延は「エンディング」が理由だった!?

以前、ATLASでも紹介したTVアニメ『慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』(東京MXなど)の遅延していた第3話が10月22日に改めて放送された。

『慎重勇者』は新作アニメにも関わらず、前週の15日にオンエア予定だった第3話を「制作上の都合により」放送を取りやめて、その日は第2話の再放送をしていた。

関連記事

【放送事故】新作アニメなのに… 放送がスッ飛んだ、ファン大困惑!




視聴者によると、作画的には少々怪しい点はいくつかあったようだが、1話放送時のクオリティを維持できていたようであり、また未完成と揶揄されていたエンディングも無事に完成していたという。

ところが、ネットではこの完成したエンディングが賛否両論になっているというのだ。

完成したエンディングは『プリキュアシリーズ』や『アイカツシリーズ』などのアニメが得意とする3Dモーションを使ったダンス映像なのだが、まさかの深夜アニメでキャラクターのダンス映像が披露されると思ってなかったアニメファンは思わず絶句してしまったという。




3Dモーションを使ったダンス映像の制作はそれなりの時間がかかるため、ネットでは「放送が延期になったのはダンス映像を完成させるためだったのか?」といった妙な噂話まで囁かれることになったという。

まさにタイトル通り「慎重」の故か、放送が遅延した『慎重勇者』……今後は無事に、最終回まで何事もないことを祈るばかりである。

関連動画
TVアニメ「慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜」ED映像

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション)

画像『この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる 2 (ドラゴンコミックスエイジ)


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る