山梨キャンプ場女児行方不明事件の夢を見ました!

投稿 京都 Tさん

私は33才から60才ぐらいまで、色々な不思議、神秘的な体験を含め経験してまいりました。この1週間ぐらい前だったと、思いますがユーチューブを見て突然に!?︎山口敏太郎先生の番組をお聞きしました。

そのタイトル、「山梨行方不明、女の子透視リーディングー」。山口敏太郎先生のお声御言葉を聞いてると、ほっこりと聞きいってしまいました。

その折、男性の方が「巫女さんお二人の鑑定が始まり、お話で南東方位に女の子が感じられる…」と。

ふと、その瞬間、私もその場所の景色、光景が写ったのですが、一瞬一時的な事でしたので気にしないように、そして山口敏太郎先生のアトラスラジオを聞けた事に何かしら暖かい感じで、聞き終わり、夜を迎え、眠りにつきました。

何時ものように夢…山の中に居る私、後ろから黒い影が襲いかかり、捕まえようとする影、逃げようとして、4〜5歩のところで、ぐっと後ろから捕まり、あまりの怖さに……大声を出して、自分の声で飛び起きてしまいました…何の夢??!




そして、その状況というのが、

☆車のトランクに、上から硬いものを被せられて、声が出せなくて苦しい私…
☆その状況の側で見てる私が居て、赤い棒状の硬い交差した物が蓋になって、被せられて、その間から白い小さな両手が見えてる感じが写り、次に場面が飛んで…
☆車がガレージのような場所に後ろ向きで入り、トランクが上に開いて、閉じて、その後に、布が被せられた四角い物が運ばれて、建物の中に入って行き、その布の下から少し見えたのが、交差した鉄のような籠が見えて…??!

エッ、これって何だろう…夢の意味がわからなくて…透視で感じたので…その影響?でも、うなされた自分?これってもしかしたら…女の子の状況を観せてくれたのかな…でも私は対面は無いし、知ってる事も無いので、私の思い過ごし…と、打ち消して否定しました。

毎日その場面が頭から離れず、それ以来、夜中3時、4時朝方迄眠れずに、とても、とても、迷い躊躇いたしましたが、やはり連絡を、と思いながら、又私の思い過ごしではないかと、思い直し、神棚にメモを取ったものを上げて、本当に連絡をしても良いのであれば、お知らせください…と、手を合わせて、眠りに入ろうと思った瞬間、携帯が明るくなって、ふと見たら…。

『山口敏太郎先生のアトラスラジオ』




山梨行方不明女の子リーディングの、文字タイトルが急に目に入ってまいりました…えっ!?︎もう見てもユーチューブに上がって無かったのに…神様ご連絡してもいい??

それを思った時、やはりご連絡させていただこうと決心致しました次第でございます。

山口敏太郎先生の御言葉にこの事件は風化してほしくないし、させてはいけないと…心暖かくなる熱いお気持ちを感じて、やはり、大河の一雫ですが、何かひとつでも、みさきちゃんの命を助けてあげれる事に繋がって欲しいと願いも込めて…きっと今も、何処かで助けを求めてるように思えて。

結果として、「ああ〜、良かった生きててくれた」と。後悔して、半年、1年後、2年後でも、命だけは助けて帰して欲しいと願って、想いを心に持つ事で変わる状況を夢見て。

結果として…皆さんの想いによって、流れが変われば、どうぞ命だけは助けて欲しいと願っています。

私如きが、皆さんのお手数を取ることにとても、申し訳ない思いもございますが読んでいただけたら、幸いでございます。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Adina Voicu PIXABAY


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る