後ろにいる人を消す…最新光学迷彩技術はついにここまで進化した! 

ハリー・ポッターの作中に、身にまとうと姿を消すことのできる「透明マント」というアイテムが登場する。

映画でも体を包んだ部分が消えて向こう側が綺麗に透けて見える様子が描写されていた。そんな透明マントそのものとも言えるような素材がカナダの会社によって開発されて話題になっている。

その名も「Quantum Stealth(量子ステルス)」と言うこの素材は、ぱっと見には薄いプラスチックの板のように見える。実際、部屋に立てて置いてみると、曇りガラスやスクリーンのように若干ぼやけているものの、向こう側が綺麗に透けている事が判る。

関連記事

『透明人間』の仕業か?かわいい鳩が謎の影に連れ去られた!?




だが、この幕の後ろに入ってみるとどうなるか。

詳細は動画を見て頂くとして、人が幕の後ろに入っていくと、不思議な事に後ろを通過している人間の姿だけが消えてしまうのだ。勿論、その向こうにある壁の様子に変化はない。

動いているものだけを消してしまうのかというとさにあらず、別のシーンではテーブルの上に置かれている「Quantum Stealth」の様子が映っている。しかし、カメラが移動して上から覗き見てみると、裏側に戦闘機の模型が置いてあったことが判るのだ。果たして、これはどういう原理なのだろうか。




この素材を開発したのはカナダのデザイン会社Hyperstealth Biotechnologyという会社である。

原理を完全に明らかにはしていないが、電源を必要とすることなく、特殊な方法で光を曲げることによって光学迷彩を可能にしているという。また、赤外線から紫外線なども曲げることができるとのことだ。

現在はまだ開発中とのことだが、いずれこの素材を用いた光学迷彩が世界中で活躍することになるのかもしれない。

関連動画
‘Invisibility cloak’ that could hide tanks and troops looks closer to reality

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©The Telegraph YouTube


関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る