【放送事故?】ラグビー南ア戦、観客席に「ラストサムライ」が! 

2019年10月19日と20日の両日、ラグビーワールドカップの準々決勝が行われた。味の素スタジアムでは予選プールを4戦全勝で勝ち抜けた現在世界ランキング6位の日本だったが、残念ながら南アフリカに3-26で敗れた。

この試合の模様はNHK総合で全国に生中継され、各地のパブリックビューイングやスポーツバーなどの多くの人が集まる場所、そしてお茶の間と実に多くの国民が試合を観戦した模様だ。

吉永小百合、早稲田ラグビー部に贈ったモノ

さて、そのような世紀の一戦に於いて、一部の視聴者の間では試合の経緯以外にも観客席でのある出来事に注目が集まったという。




時折、テレビカメラがフィールドから切り替わって映しだされる観客席。そこに、一人だけ眼光の鋭い目立った大男が座っていたのである。

この男、もしかして、そう、その大男とはハリウッド俳優の渡辺謙だったのだ。

渡辺謙、「バットマンの呪い」か?




渡辺は味の素スタジアムまでラグビー観戦に参加。ネットではラグビーと同時に渡辺の動向が注目されていたようだ。

なお、大の阪神タイガースファンで知られている渡辺は特にラグビーファンという訳ではないために、ラグビーファンもまさかの『ラストサムライ』渡辺が、日本のために戦っている侍ラガーマンたちを観戦している姿に相当驚いたようだった。

思いがけない芸能人の観戦……これもスポーツ生中継の醍醐味のようだ。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション)

画像©123web PIXABAY

W杯に沸く日本列島に残念なTwitter


関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る