地球の表面に現れた巨大なエイリアンフェイス

NASAが公開した国際宇宙ステーションからのライブフィード映像に、衝撃的なものが映っていたとして話題になっている。

問題の映像は、宇宙ステーションから地球の様子が捉えられているのだが、海の上になんと巨大な顔らしきものが浮かんでいるらしいことが解るのだ。

関連記事

地球の周りを「黒い三角形UFO」が回っている…




大きな目や口が確認でき、普通の人間ではなく、なんと巨大なエイリアンのように見える。

よく見ると角と長い首を持っているようにも見えるため、この顔は地球の文明に影響を与えたとする爬虫類型エイリアン、レプティリアンのものだというような意見さえも陰謀論者から出てきている。

アメリカの有名なUFO研究家スコット・C・ワーリング氏は、この地球に浮かんだ巨大な顔について「錯覚や自然のいたずらのようには見えません。これはテレキネシスの結果、雲が形成されたものだと考えられます」と語る。

彼の主張はともかく、大半の人が今回の画像については巨大な雲が奇妙な人影のように見えてしまったにすぎないと考えているようだが、動画を視聴した一部の人のなかには彼の主張を信じる人もいるとか。さて、あなたはどんな印象を抱いただろうか?




関連動画 Alien Face In Earths Orbit From Space Station! Oct 15, 2019, Video, UFO Sighting News.

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)


関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る