超ビッグ芸能人A、引きこもりはフラッシュバックが原因!?

昔から覚せい剤使用の噂が絶えなかった、大物アーティストのAだが、その奇行は数多くの伝説を作っている。

ライブのスタッフやマネージャーを理由も無しに罵るのはいつものことで、酷い時には振り向きざまに急にグーパンチを繰り出してきたり、廻し蹴りをされることも多々あるという。

関連記事

至高のミュージシャンB、クスリは完全に断ち切れたのか…




中にはAのパンチを寸前でかわしたスタッフがいたそうであるが、「なによけてんだよ」と逆にAに窘められて、半殺しにされてしまったと聞いている。

このようなAの狂暴性はもちろん、違法薬物が原因であると囁かれている。実際にAを数年前から絶えず監視し続けている麻薬取締官は、既に逮捕された有名人BやCと一緒にクスリをキメている証拠写真を押収しているという。




当然当局からのマークは年末にかけてさらに厳しくなることを薄々感じているために、本当は小心で臆病である見掛け倒しなAは毎日自宅と事務所を行ったり来たりする日々であるという。なお、この半引きこもり状態のような生活は実はクスリ抜きの過程で、過去の薬物過剰摂取に起因するフラッシュバックが酷いために外出できないのではないかともいわれているようだ。

2019年内に於いて、我々はまた芸能界を震撼させるようなビッグニュースを見ることになってしまうのか……。

(松田ゲン ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©Free-Photos PIXABAY


関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る