可憐な演技派女優B、自堕落な中毒を断ち切れた理由

ほんの少し前まで「恋愛依存症」やら「ハイパーセクシャリティ」との噂が絶えなかった、可憐で演技も出来る女優B。見た目は快活で実に健康的なイメージのある彼女だが、実際に噂のような依存症に長年に渡って苦しんでいたという。

しかし、ごく最近の情報によると、Bはついにこの「心の闇」から抜け出しつつあるというのだ。

女優Bの官能的な常用癖は、芸能界の中では予てより有名で、アイドルからイケメン俳優まで、いままで噂になった男性は数知れない。

関連記事

ホレやすい?ずぼら?SNSで大人気、個性派タレントOの道徳観とは…




もちろん、誰彼構わず貞操を許すわけではない。

Bと親密な関係になり得る男性たちの条件というのが、見た目の良さは勿論のこと、その業界における知名度など事細かに合否ラインが決められていたという。また同様に、男性側からも「Bと親しくなれば必ず売れっ子になれる」といったように、Bをあげまん=ラッキーチャームのように崇めていた若手芸能人も少なからずいたらしい。

なお、Bがこの依存癖となった理由というのが、子供の頃からとても厳格な両親の元で育ち、あまり愛情を与えてもらえなかったことであるという。

またB本人も極度に人見知りをする性格からプライベートの友人がとても少なかったらしいのだ。ところが、10代から芸能界に足を踏み入れて、言葉巧みな海千山千の業界人からチヤホヤされるようになると、元来生真面目だった彼女の節操もタガが外れて様々なプレイボーイに心を許してしまったという。

男たちに何度も捨てられ、徐々に人間不信になったBがその後、ストレス過多から性依存症になったことについては同情の余地がありそうだ。

ところがあるきっかけから、Bはこのみだらな中毒症状から抜け出すことに成功したというのだ。そして、現在はとても心身ともに平穏な日々が続いているという。

ではどうやって、Bは忌々しい状況から脱却することが出来たのか……。




それは、ある「宗教」との出会いであるそうだ。Bはたまたま知り合いから出家僧を紹介されて、話を聞く機会を得たことから仏教にのめり込んでいったという。どうやらBはその出家僧が様々な禁欲的な生活を自ら率先して行っていることに感銘をうけ、今までの奔放な人生からの決別を誓ったというのだ。

さらに彼女が所属する事務所関係者が語るのには、Bが次に自分自身を男性にゆだねる時は「結婚」する時だと心に固く決めたという。なおかつ、現在Bには意中の男性が存在し、とてもいい関係を保っているらしい。

いつ大スキャンダルが発覚してしまうのかと常々心配をしていた担当マネージャーも、ようやくほっと安堵の胸を撫でおろしているのが目に見えるようだ。

(文:パンダ・レッサーパン・ダグラフ ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

イメージ画像©Moshe Harosh PIXABAY


関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る