安住アナ、意外な特技を披露…そのクオリティが高すぎた!

2019年10月12日、日本列島を襲い甚大な被害を及ぼした台風19号は日本列島を抜けていった。

各テレビ局によるニュース番組では生放送体制で台風19号情報を追っていった。しかし、目まぐるしく変わる状況を迅速に伝えるのことは困難であり、各局はてんやわんやの状態になっていたという。

そんな中で独特の存在感を放っていたのが、夜10時台のニュース番組『ニュースキャスター』(TBS)であった。

関連記事

【放送事故】オールスター感謝祭、五輪メダリストがヤバいことに…




このニュース番組は最新情報に対応するために、スタジオには手書きの地図を常備。さらにこの地図というのが、「ニュースキャスター」のメインキャスターである、安住紳一郎アナウンサーが直筆であったという。

実は安住アナは、アナウンサー界屈指の「地図マニア」として有名であり、大きな地図を縮尺して描くのは大の得意なのだという。




ネットでは、安住アナがいとも簡単に地図を描く、その能力の高さに称賛の声が集まったという。

なお、安住アナは「地図マニア」の他にも「ドラえもんマニア」「パンダマニア」「アナウンサーマニア」(全国・地方のアナウンサーのプロフィールを調べるのが好き)という一面があり、ファンの間では「一体全体、安住アナの特殊能力はいくつあるのか」と話題になっているという。

安住アナが遂に年内退社を考え始めたようだ…

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成


関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る